オートモーティブサイエンス特論

進学時に短期集中で開講される必修科目。オートモーティブサイエンスの全体を展望し、学究活動のベクトルを定めるべく、自動車メーカーのトップを招いて授業を行う。
オートモーティブをめぐる現状と展望を中心に、自動車産業の経済的位置づけと現在までの歩み、自動車技術の進化と将来展望、自動車産業のグローバル化、自動車と人間・社会の関係、自動車と環境・エネルギー問題、自動車産業の求める人材像などを取り上げる。自動車メーカーのトップの方々による講義を通じて、オートモーティブサイエンスを学ぶ意義やセンスを深く理解し、それを大学院での研究課題に結びつけ、将来のキャリアパスを描くことになる。