統合新領域最先端セミナー

統合新領域を構成する3つの専攻の教員が、自身が研究を行っている分野の最先端領域について講義する。学生は自分の所属する専攻だけでなく、他専攻教員の講義も受講することにより、様々な研究分野における知の統合や創造の事例を学習する。講義で紹介される各分野における方法論や現状、将来展望等を学ぶことによって、学生は自らが「科学的な知の統合と創造」を行うための基礎を養成する。(科学の統合方法論は平成21年4月入学者から平成25年4月入学者までの学府共通科目(必修)です。平成25年10月入学者からは学府共通科目「統合新領域最先端セミナー」(必修)を受講することになります。)