超伝導応用システム特論

超伝導技術は、損失がほとんど無視できる状態で、従来の百倍以上の電流密度での通電が可能という特長を有しており、自動車に関係する分野では、電気自動車用モータへの適用、非接触給電への適用、また燃料電池自動車普及に大きく関係する水素社会との相乗効果が期待されている。本講義では、このような超伝導技術について、材料の基礎から応用システムまで、最新動向を含めて幅広く紹介する。

東川 甲平 /