自動車感性評価学

自動車の魅力を高めていくためには、乗り心地、快適性をいかに高めていくかが重要であり、そのための手法として感性評価、官能評価がある。この講義では、最初に、感性評価、官能評価の考え方、測定方法について解説した後、質的データ、量的データの統計的解析方法について述べる。次に、より高度な評価分析法として多変量解析を紹介する。自動車分野で各手法が実際にどのように用いられているのかがわかるように、適宜、その手法が用いられている事例を紹介する。

志堂寺 和則 /