特別研究(1)

特別研究(1)は、院生ひとりひとりが専攻の学修を総括するために実施する研究である。院生は感性についての広い視野の下に、自主的な課題設定、課題解決のための仮説考案、検証方法の決定、これらの指導教員への説明等を行なう。所属コースの担当指導教員は研究計画の立案と実行を指導して、院生の知的能力、コミュニケーション能力等を確認し特別研究(2)への進展を判定する。各教員の指導担当は、以下のとおりとする。
 綿貫茂喜 : 感覚生理、感情生理、生理人類学に関連した研究
 森周司 : 認知科学、認知心理学、知覚心理学に関連した研究
 樋口重和 : 感性人類学、適応行動に関連した研究
金兗奎:感性生理学、共感、美意識、母性に関連した研究
 南博文 : チャイルド・ライフ、環境心理、発達心理に関連した研究
 藤枝守 : 音による感性表現、サウンドデザイン、音環境に関連した研究
 當眞千賀子 : 実践子ども学、実践形成フィールドワークに関連した研究
 坂元一光 : 現代子ども文化、異文化間コミュニケーションに関連した研究
 加藤和生 : 創造的ディスカッション、自己心理学、対人関係学に関する研究
 濵田裕子 : 小児看護学、家族看護学に関連した研究
 三島美佐子 : ミュージアム、科学コミュニケーション、場づくりに関連した研究
 森田昌嗣 : デザイン評価、公共デザイン、産業デザインに関連した研究
 清須美匡洋 : ブランド価値創成、プロモーションデザイン、ソーシャルエクスピリエンスデザインに関連した研究
 坂口光一 : 感性産業創成、イノベーション、地域再生に関連した研究
 池田美奈子 : 情報価値編集、情報デザイン、地域ブランドに関連した研究
 樋口明彦 : 景観価値、アーバンデザイン、まちづくりに関連した研究
 曽我部春香 : クオリティカルテ価値評価、公共空間デザインに関連した研究
 麻生美希:文化的景観の形成、文化遺産の保存・活用、観光地域づくりに関連した研究

綿貫 茂喜 /  南 博文 /  森田 昌嗣 /  藤枝 守 /  清須美 匡洋 /  森 周司 /  坂口 光一 /  樋口 重和 /  池田 美奈子  /  當眞 千賀子 /  キム ヨンキュ /  坂元 一光  /  樋口 明彦 /  加藤 和生 /  曽我部 春香  /  濵田 裕子 /  三島 美佐子 /