現代子ども文化論

さまざまなヒト、モノ、コトと対峙しつつ営まれている子どもの生活実践に関し、これを個々の文化的文脈に即して理解してゆくための方法論を検討する。
ヒト、モノ、コトにと共にある子どもの生活や生き方を、それらとの間の相互交渉、あるいは関係構築や意味構築のダイナミックなプロセスとしてとらえ、またこれを現実の生活場面に即して検証することを通して、子どもの視点や参加を重視する新しい子ども文化論の構想を試みる。

坂元 一光  /