景観価値形成論

「不易な景観価値」を創出するためには、都市環境・自然環境におけるハード面のデザインとともに、人的ネットワークによる景観形成を推進するソフトデザインが必要である。景観価値形成のための手法とその実践例を多数題材としながら、事業立案から、生活者・行政・ディベロッパー・計画設計に携わる専門家等をコーディネートし、合意形成にいたる、「風景の感性」を創造する景観プロデュースやマネジメント方法を学ぶ。

樋口 明彦 /