レファレンスサービス論

情報ユーザーによる知の創造・継承を支援するためのレファレンスサービスに関する講義である。ここでは、情報ユーザーに対し、適切で正確な知識・情報へのアクセスを提供する、レファレンスと利用者サービスの概念、原則、テクニックを学ぶことが目標である。具体的には、情報を探索・評価・統合するテクニック、利用者との効果的な交流の方法、多様な利用者のニーズとコミュニティと嗜好の評価と対応、適切なサービスやリソース開発の計画と実行の評価等について学ぶ。

渡邊 由紀子 /