公文書評価選別論

国の機関から持ち込まれたり、受け入れた資料の評価・選別・廃棄の講義である。授業では英語文献を使い、海外アーカイブの取り扱いを紹介したい。分権の購読や翻訳などを通して、海外の国立公文書館やアーカイブに関する先進的な試みや、実際の海外の国立公文書館においてどのような手続きで選別と廃棄が行われているのかに関する知識を得る。海外のコミュニティとの情報交換・連絡調整のための実践的な能力を身につける。また情報公開の実情について話し、今後の課題を述べたい。

三輪 宗弘 /