教育・研究
先端材料科学分野

先端材料科学分野は、次世代環境調和型自動車に要求される自動車用部品の高機能化、小型軽量化、長寿命化、多様化に対応する先端の無機、有機、高分子、金属材料、また自動車の燃費向上や省エネルギー化を支えるデバイスや材料、大気汚染物質を無害化する排ガス浄化触媒などの最先端の分野で、教育、研究を行なっています。本分野のカバーする研究領域は、Liイオン二次電池、燃料電池、新型二次電池、キャパシター、各種蓄電デバイス、自動車排ガス触媒、高分子材料、機能性有機材料、光情報制御材料、有機太陽電池、機能性塗料、半導体パワーデバイス、水素センサなどです。本分野から化学の視点で開発される先端材料がこれからの未来型自動車の開発を支えることを期待しています。

氏名 拠点 所属 研究内容
氏名 石原 達己
教授 
拠点 伊都 所属 工学研究院 研究内容 触媒化学、電気化学
氏名 岡田 重人
教授 
拠点 筑紫 所属 先導物質化学研究所 研究内容 電気化学、固体化学、無機化学
氏名 田中 敬二
教授 
拠点 伊都 所属 工学研究院 研究内容 高分子物性、界面工学
氏名 加藤 喜峰
准教授 
拠点 伊都 所属 工学研究院 研究内容 半導体プロセス、物性、超音波応用
氏名 春藤 淳臣
准教授 
拠点 伊都 所属 工学研究院 研究内容 有機機能材料、高分子化学
氏名 渡邊 源規
准教授 
拠点 伊都 所属 カーボンニュートラル
・エネルギー国際研究所
研究内容 機能性有機材料化学、光化学、構造有機化学、触媒化学