教育・研究
社会科学分野

社会科学分野では、自動車や自動車会社に関する問題を理解するための教育を行い、学生はこれらの問題を社会科学的に分析する方法を学びます。社会と環境に対する自動車の影響を説明する経済学の観点から「エコロジーの経済」、「交通の経済学」、「市場システム分析」などの講義が行われます。自動車メーカーと部品メーカーが直面する課題に焦点を当てた経営学の観点から「企業経営」、「企業戦略」、「イノベーション管理」、「生産管理」などの講義が行われます。日本語コースの修士課程学生は、1年次にコア講義を受け、インターンシップに参加し、2年次には教員の指導の下で修士論文を執筆します。国際コミュニケーション演習で年に1回、研究に関する口頭発表を英語で行う必要があります。

氏名 拠点 所属 研究内容
氏名 藤田 敏之
教授 
拠点 伊都 所属 経済学研究院 研究内容 環境経済学、環境政策
氏名 目代 武史
准教授 
拠点 伊都 所属 経済学研究院 研究内容 生産管理、企業戦略
氏名 Schroeder Martin
准教授 
拠点 伊都 所属 工学研究院 研究内容 経済地理学、経営戦略、政策分析